MENU
archive

【美容看護師が気になる方へ】美容外科ナースと美容皮膚科ナースの違いを分かりやすく解説!

 

 

aoco
こんにちは。美容看護師のあおこです。

今日は「美容外科ナース」と「美容皮膚科ナース」の違いについてご紹介します。

 

美容看護師に興味があるけど、外科と皮膚科の違いって???と思う方もいらっしゃると思います。

なかなか特殊な分野なので、少しでも知ってもらえると嬉しいです!

 

この記事でわかること

 

美容外科ナースと美容皮膚科ナースの違い

それぞれの仕事内容

 

 

目次

美容外科と美容皮膚科の違い

 

美容外科は主に手術

外科なのでメインは手術です。

比較的短い時間で終わる二重の埋没法から、脂肪吸引、お鼻のプロテーゼなど「容姿を整える」手術を主にしています。

 

美容皮膚科はレーザーや脱毛

美容皮膚科のメインはレーザーや脱毛、点滴などがあります。

美容皮膚科の場合「お肌を綺麗にする」ことが主です。

ボトックスやヒアルロン酸などのフィラー処置を行う場合もあります。

 

 

美容外科ナースの役割

 

手術の準備

ドクターとのカウンセリングの後、手術内容が決定したら看護師は準備に取り掛かります。

内容によって使う器具が違ったり、手術室の環境を整えたり、手際良く準備します。

新人の頃は、機械の名前を覚えるのに苦労しました。またクリニックによって呼び名が違うこともあるので、別の美容クリニックに転職する場合は注意が必要です。

準備ができたら、患者さんを案内して問診をします。

大掛かりな手術の場合、点滴のルートをとったり、モニターをつけたり消毒の準備などもあるのでスタッフとの連携も重要です。

 

手術の介助

ドクターに機械を渡したり、術中のサポートをします。

スムーズに進めていくためには、手術の流れを頭に叩き込んで次にどう動けばいいのかを常に考えながら介助します。

ドクターや周りのスタッフとの連携が大事です。

 

術後のフォロー

術後のダウンタイムや副作用、注意事項などを説明します。

気分が悪くなる人や出血が止まらないなど稀にイレギュラーも発生することがあるので、臨機応変な対応が求められます。

 

 

外科ナースの役割についてはこちらの記事でもう少し詳しく説明しています。

 

あわせて読みたい
美容クリニックの仕事内容【外科編】     美容クリニックで働いていると、看護師のお客さまや友達から「美容クリニックってどんなことするの?」「やっぱり手術とか多いの?」と聞かれることが結...

 

美容皮膚科ナースの役割

 

レーザー照射

美容皮膚科といえば、レーザー治療が一番に思い浮かぶ方が多いと思います。

ニキビ・しみ・しわなどお肌の悩みに合わせたレーザーを照射します。

施術内容によってはドクターが照射する場合もありますが、基本的に看護師が照射することが多いです。

恐らくどこのクリニックも患者さんに照射する前にスタッフ同士で技術練習をするので、そこでたくさん練習しましょう。

脱毛

医療脱毛が増えたので、脱毛メニューを取り扱っているクリニックも多いと思います。

脱毛は機械によって毛の抜け方や照射の仕方が違うので、こちらもしっかり練習が必要です。

点滴・注射

プラセンタ注射やグルタチオン点滴などが人気です。

美容クリニックでの新卒採用が少ないのは、注射や点滴の手技がある程度できることが前提でないと難しいからでもあります。

クリニックは人数が少ない分、即戦力となる基本的な処置ができる人の方が採用されやすいです。

美容クリニックに来る人は、「美容目的」での点滴・注射をしに来るので、一発で決めてやる!という気合とメンタルが必要です。(重要)

失敗すると担当を変えてと言われたりすることもあるので、1回または2回刺して失敗したら”今日は絶不調だわ!”と諦めて違うスタッフと変わる方がお互いに良いです。

 

処置介助

ボトックスやヒアルロン酸の処置などが主に挙げられます。

患者さんを案内して、内容を説明したり準備をしてドクターが処置をします。

 

 

美容外科ナースに向いている人

 

テキパキ働くことが好き

クリニックのメニューや、時期によって差はあると思いますが、美容外科は忙しいです。

テキパキとテンポよく働くことが好きな人は、美容外科に向いているタイプの人が多い気がします。

臨機応変に対応できる

手術が思いのほか長引いたり、イレギュラーが発生したり、その場合には看護師も臨機応変な対応が必要になります。

 

 

美容皮膚科ナースに向いている人

 

自分もスキンケアやエステなどが好き

自分自身が好きなものはさらに知識を深めたり、実際に体験することで患者さん側の気持ちを理解することができます。

使ってみておすすめな商品や、患者さんに合った施術なども伝えやすくなりますね。

 

コミュニケーションが得意・接客が好き

基本的に施術の時間は患者さんとマンツーマンの場合が多いです。

お喋りが好きな人、静かに過ごしたい人、さまざまです。

施術以外の会話やきめ細やかな接客技術も求められるので、人と話すことが好きな人やじっくり患者さんと向き合いたい人は皮膚科ナースの方が向いているかもしれません。

 

 

 

さいごに

 

美容外科ナースも、美容皮膚科ナースも、どちらにも共通するのは”美容が好き”ということであると思います。

こういう人が向いているのかな〜と思って「向いている人」を挙げましたが、正直当てはまらないことだってあると思うので、参考程度にしてください。

外科も皮膚科も一緒のクリニックもたくさんあるので、働いてみて向き不向きを見つけるのもいいかもしれません。

 

 

美容クリニックの求人がある転職サイト

 

業界最大級の信頼と実績 【ナースパワー人材センター】

美容クリニック求人多数あり 【看護のお仕事】

WEB未公開の求人あり 【ナースではたらこ】

 

全国25拠点で展開!派遣情報も多数あり 【MC─ナースネット】

 

 

 

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!

コメント

コメントする

目次
閉じる