MENU
archive

【ビタントニオヨーグルトメーカーVYG-30】買ってよかった!手作りR1ヨーグルト生活中。

ビタントニオ

 

 

こんにちは、1歳女の子ママのaocoです。

毎日子育て奮闘中ですが、ゆるっとのんびり楽しくをモットーに日々生きています。

 

今日は今年買ってよかった大賞にノミネートしているビタントニオのヨーグルトメーカーVYG-30についてのご紹介です。

 

 

目次

ビタントニオ ヨーグルトメーカーVYG-30を購入!

 

もともとあんまりヨーグルトを食べない人だった私。

 

しかし、子育てしているとヨーグルトの消費率半端ない・・・!!

 

 

ヨーグルトって離乳食初期の頃から食べさせていて、最初の頃は貴重なタンパク源なのでかなり重宝していました。

ベビーダノンとか、生乳100%のちょっとお高いヨーグルトとかめちゃくちゃ買ってましたね・・・。

初めての子育て、初めての離乳食、右も左も分からずとにかく赤ちゃんにはいいものを!!!と思って頑張っていました。

 

が、

 

aoco
意外と添加物入っているし、量少ないのにお高いし(どケチ)余るともったいない…。

 

 

子どもの食品を購入するようになってからは、ほぼ毎回商品の裏をチェックするようになりました。

原材料の最後の方にある/←スラッシュから後ろのものは添加物なんです。

全部無添加のものを食べさせたい!!!というのはほぼ無理なのでw

やれそうな範囲で添加物チェックしています。

 

それに、もともとヨーグルト食べない人なので余っても食べる気にならず結局捨てちゃってもったいないことが結構ありました。

 

しかし、インスタでヨーグルトメーカーを発見し「これだ!!」と。

楽天ですぐさま購入しました。

買ったのは、ビタントニオのヨーグルトメーカーVYG-30です。

 


購入しようと思っていた頃にちょうど新しい型が発売されたので、最新のヨーグルトメーカーを買ってみました。

 

 

ビタントニオ ヨーグルトメーカーVYG-30のスペック

 

 

  

 

 

高さ30cmもないので、そこまで大きくないです。

もっとでっかいのを想像していたので、ビタントニオのヨーグルトメーカーが届いたときはそのスリムさにちょっと驚き。

 

aoco
我が家では、炊飯器の横に置いていつでも使えるようにしています!

 

品番 VYG-30
重さ 810g
素材 本体:ポリプロピレン、ステンレス

カバー:ポリスチレン

容器:ポリプロピレン

消費電力 30W
付属品 容器×1個、牛乳パック用カバー×1個、スプーン×1個、カラーレシピブック

 

 

ビタントニオヨーグルトメーカーの口コミ

 

ビタントニオのヨーグルトメーカーの口コミはこちら。

 

 

 


ヨーグルト以外にも色々作れるのが、ビタントニオのヨーグルトメーカーの強みです。

 

 

ビタントニオヨーグルトメーカーVYG-30とVYG-20の違いは?

 

 

ここで気になるのは、従来のヨーグルトメーカーVYG-20との違いですよね。

大きく変わったのは以下の点です。

①ビタントニオヨーグルトメーカーVYG-30には新しくマイボタンが搭載

②付属の容器がガラス製から樹脂製のボトルに変更

③オートメニューに豆乳ヨーグルト・飲むヨーグルトが追加

では一つずつ詳しく解説していきたいと思います。

 

 

①ビタントニオヨーグルトメーカーVYG-30には新しくマイボタンが搭載

 

 

設定温度は1℃から、設定時間は1時間刻みで自分の好みにカスタマイズできます。

これは従来のVYG-20にはない機能でした。

 

よく作るヨーグルトの設定を登録しておけば、楽ちんです。

 

オートメニューにもレシピはありますが、ヨーグルトは季節や室温の環境、種菌の種類や牛乳の違いで味やとろみが変わってくるのでこれはめちゃくちゃ便利だなと思いました!

 

②付属の容器がガラス製から樹脂製のボトルに変更

 

これが従来のヨーグルトメーカーVYG-20の容器です。

こちらはガラス製でできています。

 

 

 

こちらは新しいヨーグルトメーカーVYG-30の容器です。

熱湯消毒OKで、とっても軽いです。

人体にも優しい特殊な素材でできているそう。

 

aoco
ガラス製に比べると、落としても割れる心配がないのは安心ですね。

 

 

③オートメニューに豆乳ヨーグルト・飲むヨーグルトが追加

 

 

従来のヨーグルトメーカーVYG-20のオートメニューは4つ。

・プレーンヨーグルト

・カスピ海ヨーグルト

・塩麹

・甘酒

 

 

新しいヨーグルトメーカーVYG-30のオートメニューはこちら。

・プレーンヨーグルト

・飲むヨーグルト、豆乳ヨーグルト

・塩麹

・甘酒

 

カスピ海ヨーグルト→飲むヨーグルト・豆乳ヨーグルトに変更されています。

個人的に飲むヨーグルトが気になるので作ってみたいです。

 

 

 

ヨーグルトや塩麹、甘酒の他にもお味噌や温泉卵、ローストビーフやサラダチキンなども作れるので料理の幅が広がります!

 

温泉卵をヨーグルトメーカーVYG-30で作ってみましたが、30分で4つの温泉卵がほったらかしでできちゃうのでかなり便利でした。

 

 

 

実際にビタントニオヨーグルトメーカーVYG-30でR1ヨーグルトを作ってみた

 

 

ビタントニオヨーグルトメーカー

 

ヨーグルト作り、慣れればとっても簡単です。

 

<自家製R1ヨーグルトレシピ>

①牛乳パックを冷蔵庫から取り出しレンジで600W3分。(ご家庭のレンジのいい塩梅を見つけてください!)

 

②牛乳を100mlほどコップに出しておく。あとでインスタントコーヒーを入れてカフェオレで飲みます。

 

③飲むR1ヨーグルトを牛乳パックにドボドボ入れる。指2本分くらいの量を気持ち残します。(飲むR1ヨーグルトが125mlくらいあるので全部入れちゃうと多いかな)残ったR1ヨーグルトはその場で飲み干します。

 

④牛乳とR1ヨーグルトを混ぜ混ぜ。付属の細長ーーーいシリコンスプーンを使って混ぜてもよし、上の部分をしっかり持って上下にシャカシャカ振るもよし。

 

⑤牛乳に付属のフタをかぶせて透明のフタをセットします。が、我が家では100均で購入した牛乳パックを止めるやつを使っています。付属のフタ可愛いけどね。

 

 

 

ビタントニオヨーグルトメーカー

 

 

ビタントニオヨーグルトメーカー

 

あとはお好みの設定でスタートするだけ!

我が家の今一番ベストなヨーグルトは、43℃の8時間設定です。

 

これで作った自家製R1ヨーグルトは酸っぱくなくてミルク感が強く、とろっとしていて美味しいです。

1歳の娘もほぼ毎日バクバク食べています。

 

ビタントニオヨーグルトメーカーVYG-30で塩麹も簡単に作れる

 

写真を撮り忘れてしまったのですが、ビタントニオヨーグルトメーカーVYG-30で塩麹作りにもチャレンジしました!

 

麹とお水とお塩があれば簡単に作れます。

材料を混ぜて6時間ヨーグルトメーカーに入れておくだけ!

 

市販の塩麹よりつぶつぶ感があり、とろっとしていて美味しかったです。

スープに入れたり、お肉にまぶして焼くだけでめちゃくちゃ美味しいので自家製塩麹かなりおすすめです。

 

醤油麹にチャレンジしたいと思っているのですが、何回スーパーに行っても売り切れ・・・

なかなか出会えず、作れずです。

 

 

 

結論:ビタントニオヨーグルトメーカーVYG-30買ってよかった!

 

 

結果的に市販のダノ◯ンヨーグルトや、生乳100%ヨーグルトを買うことがなくなったので使えば使うほどコスパ抜群なのではないでしょうか。

 

作ったR1ヨーグルトは、また繰り返し使えるので100gくらい残して、また新しい牛乳と混ぜてR1ヨーグルトを作ります。

 

何回も何回も同じ種だと、だんだんとヨーグルトの菌の力が弱くなるので3回くらいでまた新しくR1ヨーグルトを買っています。

 

それでも、飲むR1ヨーグルト1本で3L分のR1ヨーグルトが出来上がるのでかなりコスパいいですよね。

 

 

 

 

ほぼ毎朝、私はこの量産されたR1ヨーグルトとシリアル(ごろっとシリーズのいちごづくしが大好きです)を食べています。

 

娘ちゃんもヨーグルトで菌活しているからか、便秘とは無縁!!

 

快便快調です。ついでにスプーンの使い方がめちゃくちゃ上手になりました。涙

 

いろんな牛乳を試してみたり、設定を変えると味やもっちり感も変わってくるので、ベストなヨーグルトを見つけるのも楽しいです。

 

絶賛離乳食中の赤ちゃん、ママさん、ヨーグルト大好きさん、菌活に目覚めた方、、、ぜひぜひヨーグルトメーカーが気になればお試しください!

 

ここまで読んでいただきありがとうございました!

 

 

 

 

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!

コメント

コメント一覧 (2件)

コメントする

目次
閉じる